無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
朗読入門講座
江戸川区は図書館が充実していて、基本は20時までやってます。
場所によっては21:30まで。実家の方じゃありえねぇ。
んで、その図書館ではイベント(全て無料)も結構やってて、それのひとつに行ってきました。

「聴くだけで上達! とっておき朗読入門講座」 講師:松丸春生

朗読はやった事はないのですが、芝居の参考になるかな〜っと思って。
講師の方は「どこでも朗読館」というグループで全国で朗読をしている方のようです。
ロマンスグレーで、なかなかのダンディズムな方でした。モテそう。

技術的な講座かと思っていたのですが、「朗読とは?」というところから入って、朗読するにあたっての心構えをいろいろ教えてくれる講座でした。
内容はすごく深くてちょっと感動。

・朗読とは、「読み手」、「聞き手」、「作品」のかけ算である(花山じゃナイヨ。)。つまり、読み手が未熟であっても作品のセレクトでカバーできる。
・朗読するときに一番大事なのはイメージをかためる事。極端に言えば、事前に10回だけ読むとしたら、8回は黙読でイメージを固め、音読は2回でいい。
・本の中の登場人物に「なれるわけがない」ので、その登場人物の思いを汲んで、自分から湧いてきたコトバで読む。

最後に質問コーナーがあったので、こんな質問をしてみました。
「イメージが出来ても、どうしても技術的に自分ではできないとき、技術的に自分でできる範囲の読み方をした方がいいのか?それともあくまでイメージを追った方がいいのか?どっちを選択したらいいですか?」

「イメージの方を追ってください。あとは聞き手を信じてください。」(即答)

芝居で言ったら観客を信じろって事ですね。この考え方は新鮮。
まいりました。
| ともりん | その他 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
2010/10/28 9:15 PM posted by: ざちう
「破壊力=体重xスピードx握力!!」
あ〜お人好し。俺ってばお人好し。
2010/10/29 10:18 PM posted by: ともりん
参加者の年齢層が高かったので、笑いはおきませんでした。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fisheye2010.jugem.jp/trackback/21